クリニック開業支援

JAMeSの開業支援

先生が開業前も開業後も診療に集中できる環境を提供いたします。

JAMeSは、開業される先生の不安を軽減するために、様々な企業と提携し支援します。
JAMeSは、開業後も先生が安心して診療に集中できる環境をご提供するために、医療従事者の採用・育成支援、集患分析、勉強会等を通じて支援します。

※開業される先生の不安=スタッフの採用/教育、集患、専門機関との連携、開業時の資金調達(返済計画)、マネジメントなど

十分なマーケティングによる開業候補地の提案

JAMeSは、診療圏調査など綿密なマーケティングを行った好立地の開業候補地を提案します。これは、先生が希望する候補地にも同様のリサーチを行います。これにより、患者数の予測、周囲の医療機関等との連携など安心して開業していただけます。
また、JAMeSは、ドラッグストアと提携し、ドラッグストアに隣接した立地で開業していただけます。ドラッグストアチェーンが開業している(開業を予定している)場所は、多くの集客が見込まれると評価された場所でもあります。
また、上記候補地では以下のメリットもございます。

  • 大学病院、基幹病院など専門性の高い医療機関と連携しやすい立地
  • 潜在患者の多い郊外の住宅密集地域
  • 交通の便がよく駐車場の確保がしやすい立地(ドラッグストアの駐車場を利用など)

開業される先生の通勤時間や診療時間の兼ね合い、信頼できるスタッフの確保なども立地を評価する重要な要素です。JAMeSは、先生のご要望に添えるよう最大限の努力をします。

開業資金の調達を支援/建物の設計・内装・設備

開業時に必要な資金は、建物、医療機器、什器、人件費など多岐にわたります。 
JAMeSは、開業時の最大の不安である「開業資金の調達」を提携している金融機関から低利率で確保します。もちろん、一部、あるいは、全部を自己資金での開業も可能です。
また、建物についても先生とイメージを共有しながら、地域の住民に親しまれる外観、内装のクリニックを目指します。設備は先生やスタッフが使いやすく親しみやすいものをご提案します。

オープニングスタッフの採用と研修/開業後も継続的にサポート

JAMeSは、信頼できるオープニングスタッフの確保を支援し、スタッフの教育研修もサポートします。
この採用と研修のサポートは、開業後も継続的に提供していきます。

※JAMeSでは、医療従事者を対象とした教育機関と提携し、OJTだけではなくOffJTの環境も提供します。

地域の病院、クリニック、薬局との連携を支援

JAMeSは、開業された先生が孤立/孤軍奮闘することなく診療を続けていけるよう、基幹病院、中核病院との連携を支援します。
また、JAMeSは、ドラッグストアチェーンや医療法人とも提携し、開業医の先生を支援します。
さらに、他のクリニック、病院、薬局と連携可能なJAMeSのシステム“TASUKY”をご提供します。

               
についてはこちら

開業後のクリニックの安定経営を支援

開業後は、医療機器のメンテナンス、人材の採用、建物の修繕など継続的にコストが発生します。これを見誤ると借入金が増えたり、返済が長期化するケースも少なくありません。

JAMeSの開業支援は、開業後、クリニックの患者数が安定した時点で、開業時に調達した資金を考慮した額にて建物を購入していただくことも可能です。(※クリニックの建物を建てた場合です。)

開業に関するお問い合わせはこちら

開業までの流れ

JAMeSは、開業の流れのどの場面でも、全力で先生を支援いたします。そして、開業後も先生に安心して診療に集中していただけるよう環境を整えます。 
詳細につきましては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。JAMeSのスタッフがご説明いたします。

開業までの流れ

  1. 01 基本構想:先生のご希望やお考え、コンセプトをお聞かせください
  2. 02 先生のお考えにあった候補地を提案(診療圏調査、周辺調査、集患予測など)
  3. 03 開業地の決定。事業計画書の作成。
  4. 04 JAMeSによる支援内容の提案・決定
  5. 05 保健所・厚生局・行政などへの事前相談
  6. 06 賃貸借・設計・建築・内装などの契約締結
  7. 07 建築・内装の実施。医療機器の購入。周辺医療機関との連携。
  8. 08 スタッフ採用・基礎研修
  9. 09 保健所・厚生局・行政などへの届け出・立ち入り検査
  10. 10 受付、電子カルテ、医療機器などの操作・シミュレーション研修
  11. 11 開業告知、内覧会の実施
  12. 12 祝:開業

開業後の流れ

  1. 13 スタッフの継続研修。オペレーションの見直し。勉強会。
  2. 14 財務経理分析、集患分析。
  3. 15 借入金の返済計画の見直し。
開業に関するお問い合わせはこちら